« July 2006 | Main | October 2006 »

August 28, 2006

Gフェス-ありがとうございました

東京、大阪「Gフェスティバル」、FictionJunction YUUKA二人で行って参りました。お陰様でとても楽しい二日間でした。ご参加下さった皆様にもお楽しみ頂けた事を祈っております。

さて、Gフェス会場でも触れさせて頂いたのですが
FictionJunction YUUKA 六枚目のシングルが11/22、発売になります。
タイトルは「荒野流転」、こうやるてん、と読みます。
10月よりGyaOで配信スタートする、「幕末機関説 いろはにほへと」というアニメーションのOPとなります。

この作品がかなりまた……面白そうなんですよ。宜しければ是非ご覧になってみて下さいね!

プチ更新ですみません。Gフェスのご報告、シングルのご報告詳細は何れまた……(多分)。
大阪から思い切り良く夏風邪を持ち帰ってしまった梶浦でございました。まっ負けるもんか……!

| Comments (4) | TrackBack (1)

August 22, 2006

テレビを買った話

お仕事で「絵合わせ」(音楽を絵にばしっと合わせて作ること)する時に使う為の小さなテレビが我が家にあるのですが、これ、ちょっと離れた場所に置いてあって若干見にくい。

どうせならもっと小さな、スピーカー脇に気持ちよく置けるブツを買ってこようと思い立ち、先日ふらりとBカメラへ行って参りました。

小さなテレビ、案外無いんですねえ。13型より小さくなるとお風呂で見るようなポータブルになってしまい、ちょっと使いにくい気がする。携帯用DVDプレイヤー買って代用、とも考えたのですが、外出先でDVD見たいと思う機会もあまりないしなあ。13型、若干大きすぎるような気がするけれど、まあ、我が家のモニタ用テレビは確か15型だったし、少しでも小さくなればいいか、と思い購入の上帰宅致しました。

早速梱包を解きセッティング致しまして、仕事に取りかかります。
ふと、脇に置いてあった、前からあったモニタ用テレビに目をやりますと、
……双子?
何だか梶浦、家にあったのと同じテレビ買って来たらしいですよ。
それもメーカーまで一緒。もう見分けも付かないの。

そうか。ウチにあったのも13型だったのか。何故だか15型と勘違いしていたのだな。
それにしても、お店にあるとテレビって小さく見えるものなのだな。
と納得はしてみたものの、何となく空しい夏の終わりです。

そう言えばもうすぐ新居にベッドが入ります。
引っ越して早一ヶ月、薄い布団で床に寝ていた悲しい日々も終わりです。
それを楽しみに元気を出そうと思います……。

| Comments (5) | TrackBack (0)

August 15, 2006

素麺ポルカ

ピ〜カピカ〜♪そうめん〜ポルカ〜♪
ピ〜カピカ〜♪そうめん〜ポルカ〜♪

と、レコーディング現場にて、
FictionJunction YUUKAのYUUKAちゃんが延々と歌っている。
という夢を見ました。
何だか歌詞違うよなあ……と思って聞いているのですが、あまりにYUUKAちゃんが自信たっぷりに歌うので、あれ、こういう歌詞だったっけ……と私も次第に納得して来てしまう、という。(そこで納得するな、私よ……)

とりあえず強烈で、目が覚めても暫く頭の中をぐるぐる廻っていました。
ピ〜カピカ〜♪そうめん〜ポルカ〜♪
ピ〜カピカ〜♪そうめん〜ポルカ〜♪
何故ぴかぴかで素麺でポルカなのか。
居間のラグの上でうたた寝などしたのがいけなかったのでしょう。

そうでした!
FictionJunction YUUKAと言えば、
つい先日、アニメーション、ツバサ・クロニクル放映中に、挿入歌「aikoi」が流れました。コメント下さった皆様、ありがとうございました!
この曲は9月発売のツバサ・クロニクル、サウンドトラックCD IVに収録されます。宜しければ是非CDでもお楽しみ下さいね。

8月末にFictionJunction YUUKAで参加させて頂くイベント、「Gフェスティバル」も、まだ先だと思っていたらだんだん近くに迫って参りました。ご参加下さる皆様、お会いできるのを楽しみにしております。

そんな最近の私。
iBook12インチ持ってるのに。
メタルな感触はまだ相当気に入っているのに。
まだぜんぜん使えるのに。
何故MacBook欲しくなったりするのでしょう……。
白、可愛いよなあ、とか。
買わないけどね? 大人だから我慢するけど。

白、可愛いよなあ、と言えば。
W-ZERO3ですよ。[es]ですよ。
ちょっといいなあ、と思っていたら、知り合いが早速買ってるの。
あのシンプルな形態は私も嫌いじゃなかったりするの。
でも買っても多分あまり使わない予感が、それもかなり激しく、充ち満ちていたりする訳なんですの。私の場合。
昔ついつい買っちゃったPalm然り、なぜだか殆ど全機種持っているiPod然り、
タブレットだったりスキャナだったりゲームボーイアドバンスだったりその他諸々、買っただけで殆ど使わなかったあれやこれやと同じ末路を辿るのは目に見えている。
物欲だけなの。
分かっているの。
だから当分、電化製品屋さんの特設売り場半径20m以内には立ち入らないようにしようと思っています。
呼ぶな! 私を呼ぶなよ……? (誰も呼んでない)

そんな最近の私。
とりあえず今日は素麺にしようと思います。納豆オクラ素麺とか美味しそう。
ねばねば大好きです。
ねばーぎぶあっぷ、ってな感じで!(…………)

| Comments (9) | TrackBack (0)

August 06, 2006

枕とサングラス

「紫外線というのは、当然瞳からも入ってくるのです。どんなに日焼け止めを塗っても日傘を差しても、瞳からの紫外線に反応してメラニンは増えてしまうので、夏はサングラスを忘れずにね!」

そんな記事を見ると、「ええっそんなの大変じゃん!サングラスしなきゃダメじゃんダメじゃん!」と反応してしまう梶浦は、早速通りすがりのデパート(折しもバーゲン中でラッキーです)にてサングラスを購入するのでした。紫外線を防ぐのが目的なので、細い小さいタイプではいけません。レンズが横に長め、グラデーション入りの、ふちも分厚いやつですね。茶系か紫系か悩んだ結果紫ですね。外に出て装着し、ふと横のウインドウにて初めて全身チェックを致します。和系だらりんアロハに色あせジーンズ(長め)、はだしにサンダル茶髪にキャップ+サングラスな自分の姿は。
怪しさMaxでした。

君、どこかでGuccciとかParadaとか売ってるでしょ?というような。
私が巡回中のおまわりさんだったら、「ちょっとそこ行くお嬢さん、荷物検査いいですか?」と声をかけたくてうずうずするような。
そんな、かなりレベルの高い怪しさ。
おかしい。同じような格好をなさってもとてもカッコイイ人も沢山いるし、そのような方の方が多いというのに、何故こんなに自分だけが怪しくなるのか。
その謎は未だに解けぬまま、今も高レベル怪しさのまま街中をうろうろしている私です。
まあ、素直にサングラス似合わないんだって認めればいいんですけれどね!

それはそうとして。
そう、サングラスのついでに買い物をしたんですよ。
それは枕。
この肩こりを解消したいというのもあり、どうにも今使っている低反発枕は合わないような気がしていたのもあり、思い切って「枕売り場」へ行って枕フィッターさん……と言うのでしょうか。寝具フィッターさん、なのでしょうか。にご相談致し、枕を選んで頂いたのでございます。まず中身を何にするかを決め、その上で頭、首の形に合わせてその量を調整。枕が5分割されていて、箇所箇所の中身の量を調整する事によって各自の体型に合わせる事が出来るようになっているんですね。いやーすごいですね最近の枕。
その結果。

枕売り場で思わず強烈な眠気に誘われるほど快適な枕が出来上がりましたよ!
梶浦いたく感激し、枕を持ち帰り、そのまま明け方まで仕事場で働いていたにもかかわらず、普段はそんな日は仕事場で寝てしまうんですが、昨日は意地で家に帰りました。例え一時間だろうとこの枕で寝ないと気が済まないじゃあありませんか。
その結果。

……悪夢を、見ました…………。
それも超ど級。
何でもとある一族がいるんですが、(最近家具を捜しまくっていたせいで、どうやら家具系有名デザイナーの一族らしい)そこで巻き起こる猟奇連続殺人事件。ホラー要素たっぷり。最後は判明した犯人がやはり一族の女性を人質に取るのですが、逆上した女性に今度は犯人が惨殺され、そのまま正気を失った女性を今度は一族の他の男性が射殺、事件の真相は闇に葬られる……といった感じなんですが、そこは夢らしく、自分が犯人になっていたり人質に取られた女性になっていたり、人称はくるくる変わる。そしてその猟奇っぷりと来たら……とてもここには書けません…………うおおお、怖かった。本当に怖かったよう(涙)。

快適枕を手にした日に何故こんな夢を見なければいけないんでしょうか。おかしい。枕は本当に気持ち良いんですよ。それなのに何故。せっかく自分お誕生日に買った枕なのに………。

そうなんです。本日梶浦はお誕生日を迎えましたのです。メール、掲示板にてメッセージを下さった皆様、本当にありがとうございました! 自分の生まれた日を祝って頂けるというのは、本当に、心から、嬉しいものでございます。感謝感激です。
Thanks so---much, for your birthday messages!

そういえば今日不思議な事があったんですよね。
タクシー代を払おうとお財布の小銭を探った時に、どうも見覚えの無い100円玉が出てきたんですよ。何これ、外貨? でも100円ってあるし、古銭? と後から良く見ましたら、何と自分が生まれた年発行の100円玉じゃありませんか。あんたが生まれた年の100円は既に古銭なんですか、というツッコミはさておいて、どこでいつ手に入れたのか全く記憶にありません。誰かが入れておいてくれた……ような隙は無かったと思うし。不思議な事もあるものだなあ……それをよりによって今日見付けるなんて。大切に取っておこうと思います。

そんなこんな。
今年もいい一年になるといいな。来年のこの日、今日を振り返って、この一年もまあまあ、悪くなかったじゃない? と、今年そう思えたように、来年もそう思えるように祈っております。その為には後悔の無い日々を過ごせるよう、ケツまくって(?)頑張らなきゃね。

| Comments (9) | TrackBack (0)