« January 2008 | Main | March 2008 »

February 25, 2008

最近の色々

改めて、最近の色々更新です。

 08/03/26発売になるOVA、[真救世主伝説・北斗の拳・トキ伝]

BGMも梶浦が担当させて頂いているんですが、EDをFictionJunction KAORIが歌わせて頂いております。タイトルは「花守の丘」。上のサイトで一部試聴出来ます(行った途端音出ますので注意)。
織田かおりさんは、今後も何かと一緒にやらせて頂きたいなあと思っている素敵な歌い手さんの一人で、4/5の梶浦ライブにも出演、サントラの曲を色々歌ってくれます。私も楽しみ。

FictionJunction KAORIと言えば、先日久しぶりに飲んだ友人が、「Dream Scape」という曲が大好きだと、褒めてくれました。ありがとう友よ!

「あの曲ほんといいよね〜」
「ありがとう!」
「君に出会うため〜♪
 それとも〜まだ見ない誰かの野望のため〜♪」
「いや、ちが……」

正解は、「まだ見ない誰かの瞳のため」です。
何故、野望。
何だか世界征服ソングっぽいです。

 その後のnano

一日目 ケースとドックが届く
二日目 別途注文したイアフォンが届く

名前の刻印頼んだから本体が遅れたのは仕方がないんですが、
それでもApple Storeから荷物が届くたびに、どんな焦らしプレイだよ、と思いつつ三日目。やっと本体届きました!まだMacに繋いでもいないけど……。
それにしても、赤い本体に赤いケースを頼んでしまった自分のセンスの無さに絶望した! (だって両方ストア限定だったからつい!)

 最近のプチお買い物

先日、某ネットショップで買い物をしたついでに、美味しそうなお手軽レトルト食品も幾つか購入してみました。
物色する内、「焼き鯛ごはん」というブツを発見。おまけに低カロリーだそうで、とっても少量。ちょっと食べるのにこれはいいな、と思って買ってみた。
すぐ届きました。
キャットフードでした。
「レトルト」で店内検索したのが敗因と思われます。
猫を飼っている知人にあげようと思います。
そういえば前、生協でも、届いたらドッグフードだった、をやった事がありました。

 最近のスープ

ともかくスープ大好き。常に鍋にスープの作り置きが無いと落ち着かない私です。
現在の作り置きは、「ネギ四本+タマネギ三個+手羽先六本+トマトホール三缶+水+チキンコンソメ+ハーブ適当+最後に塩」だけを煮込んだシンプルスープ。(単に買い物行くのがめんどくさくて、家のストックと近所のコンビニにあったネギだけで作った……)
さっぱりで結構美味しいです。春の予感を感じつつもまだ寒いですものね。スープはいいなあ〜。

 4/5ライブ

チケット買いました!とご連絡頂いた皆様、ありがとうございました!
チケット買えませんでした、とご連絡下さった皆様、ありがとうございます。そしてごめんなさい(私もそういったご連絡頂いただけでまだ詳細は分かっていないんですが)。正直、「サウンドトラック中心、と言うかオンリー」なライブに一体どれほどの皆様が参加して下さるのだろう……? という手探り発進な状態ではございました。でもまだ「梶浦ライブ」としては発進したばかり。時期などは決めていませんが、この形のものもまた必ずやります! 
その前に、4月後半、5月にRevoさんとのコラボレーションライブもあるし!
色々頑張らにゃ〜、な、楽しみな春です。
花粉来るな! あっち行け!

| Comments (17) | TrackBack (3)

February 25, 2008

最近の窓際ガーデナー

アマリリスが綺麗に咲きました!

Amalilisu
大輪。アマリリスはなんと言っても八重咲きが好き。

それにしても美しい。デカイ。花は手のひらをがっと開いた程の大きさがあります。この見事さを、私の下手な写真ではなかなかお伝え出来ないのが残念です。


Amalilisu2

一輪隠れて見えないけれど、今三輪全開状態です。
これはポットに植わった状態の球根を買ったもので、まさに「水だけやっときゃいい」、咲かせるのを失敗する方が難しい花。「園芸シロートだけど家の中で大輪の花を咲かせてみたいぜ」という方にはとってもお勧めです。

それにしても、我が家ではもうここ十年ほど毎年アマリリスを(知子さんが←梶浦's母)咲かせているのですが、毎年どんどん花が大きくなって来ている気がする。これも品種改良の結果なのでしょうか。特に今年実家で咲いたアマリリスのでかい事と言ったら……上の写真の比ではなく、全長1mほど?花の直径は30cmほどはあったでしょうか。いくらなんでもここまで大きなアマリリスを見たのは初めてで、綺麗を通り越してちょっと怖かった……。妹は、
「この花きっと夜家の中を歩いてるよね」
と言っていました。

その他、現在我がスタジオの窓際では。

Fuji2
一歳藤が芽吹きました。
卓上サイズの樹で藤の花が楽しめる、盆栽的アイテムです。
……何だかあまりよく分からない写真ですが、花が咲いたら何れまた。
もう蕾もぽちぽち開きかけています。
冬の間ずっと「枝だけ」状態だった訳ですが、茶色いカタマリ状態だった芽からもわっと緑が萌え出てくるのを間近で見ると、無条件に感動しますね。また芽が出るとその後育つのが早いこと早いこと。

最近藤だけでなく家中の植物に新しい芽が出て来て、ぐんぐん育ち初めています。冬の間停滞していたのが嘘のようなスピードで。春なんだなあ、を実感。(花粉が来るなあ、も実感……)

にわか窓際ガーデナーに開眼(?)して約一年。
去年色々枯らせてしまったのを反省して、最近は植物も育てやすいものに絞りつつ、数も極力抑えているのですが。

先日スイセンの球根を購入したんですよ。スイセンも大好きな花なので。窓際のスペースを考えつつ、絞りに絞って三種類。それがすぐ届いたのはいいんですが。
何だか「購入者全員プレゼント」の期間だったらしく(後で気づいた)、チューリップの球根が付いて来たんですよ……。それも10球も。多すぎるだろ! せっかく三種に絞った意味は何処に!

何とか植木鉢に苦労して納め、窓際に置いてみたんですが、もう窓際ぎゅーぎゅー満員状態です。まあ、チューリップも好きなので楽しみではあるんですけれどね。それにしても、チューリップにしては小さな球根でしたが、どんな花が咲くのでしょうか。

そんな最近のガーデナー日記。

……ガーデナー日記がちょっと長くなったので、他はまた後ほど改めて更新します。

| Comments (2) | TrackBack (0)

February 16, 2008

nanoを待ちながら

バレ〜ンタインデ〜キッス♪
(ネタ古すぎてすみません)
な日も既に終わり、
チョコを持て余している男子の皆様もそうでない皆様もお元気でお過ごしでしょうか。

梶浦はと言えば、2/13にちょっと人数多めな男子の皆様とお会いする用事があったため、これは女子の義務だと思い数日前にチョコレートをがばっと買い込んだのです。ついでに女子にもあげちゃおうとか、家族にもあげちゃおうとかもあって、それはそれは沢山のチョコレートを。
そして当日、見事にその荷物を忘れて行ったのです。
この大量のチョコレート、一体どうしたら………。

どうでもいいんですが、バレンタインデ〜キッス☆が通じないのはまだいいとして、最近スタジオでレベッカやBOOWYの話になっても、年若き歌姫さん達から「誰ですかそれ?」と言われちゃう機会が増えて寂しい私です。もう絶対一緒にカラオケ行けない。

そうそう、ミステリーツアー。
ブログでのご報告が遅れましたが、今まで逃避行を続けていた訳ではなく、翌日にはちゃんと帰宅しておりました。
行き先は箱根でした。そして部屋露天付きの豪華部屋! お昼には懐石! もー超豪華なミステリーでした。妹よありがとうありがとう。きっと君の来世にはいいことがあると思うよ!

しかし二月二日〜三日と言えば、
関東近郊にお住まいの方には記憶に新しい「雪」の日。
箱根にも降りました。
しんしんと積もりました。
夜の内は良かった。
だって露天が一気に雪見露天に早変わり。ここ数年暖冬が続いた東京近郊では滅多に見られなかった景色ですよ。これもオツなものだと喜んでいたのですが、まだまだ雪は降る〜、あなたは来ない〜♪ 屋根からどさどさ大量の雪が落ちてくるまでになると、そう喜んでもいられません。予想は当たって帰宅の日、見事にロマンスカーは全線運休でした。せっかく観覧車両っていうの? あの眺めのいいステキ車両を妹が予約しておいてくれたのに。

まあでもそこは近場。小田急線は普通に動いていたので、帰宅時間もそうかかることなく無事帰って来られたのでいいんですけれどね。これも想い出の内です。

話は飛びますが先日、家のFaxがいきなり快音を発してお逝きになってしまった為、(どがががごごご!とか言って相当怖かった)今日久しぶりに某大きなカメラ屋さんへ行ったんですよ。そして当然のように林檎なコーナーへ寄り道。で、初めて触ってみたんですよ。
今林檎と言えばやはりアレな
MacBook空気。
実際見てみたら、思っていたよりなお薄く、思っていたよりなお軽かった。さすが空気。全体のフォルムもグー! キータッチも薄さを感じさせず、かなりいい感じ。

でも買いませんでした。
正直、あの常識外れな薄さが私を不安にさせた。
こんなに薄くて熱大丈夫なのか、という心配よりもまず、FictionJunction UKATSUとしては、「これうっかり踏んだり落としたり上に座ったり転んだりしたら一発だな……」という不安が先に立つ。自分のアバラなら折れても放っておけば繋がるけど、Macじゃそうは行かないしなー。

そんな訳で、「誰が買わなくともとりあえずお前が真っ先にポチ買いするだろ」と期待してくれていた友人知人の皆様、人身御供になれずにすみません。誰かさっさと買って使用感レポして!

でもその余韻で帰宅後にAppleストアをサーフィン、色々カスタマイズ遊びしていたら、何だかiPod nano8Gをぽちっとやっていたり。あれ、いつの間に?
だって、MacBook空気カスタマイズ遊びしていた後に見たら「安!」とか思っちゃったんだもん……。それにストア限定赤が可愛くて。陥りがちな罠ではありますよね……。

そんな訳で早く来ないかな、nano。
まあ、殆ど使っていないclassicにシャッフルに旧nanoもまだ引き出しの中にある訳なんですが。それはさておき。

| Comments (17) | TrackBack (1)

February 01, 2008

ミステリーツアー

さて。
梶浦は明日より、一泊二日のミステリーツアーへ行って参ります。

ミステリーと言えば私が(ほぼ)寝起きしているワークルームは普段からミステリー満載の家で、
つい先日も、
朝使った歯磨きが何故か夜になって見つからない。
歯ブラシは普段の場所にちゃんとあるのに、歯磨きだけが無い。どこをどう探しても無い。仕方がないのでお手紙書いた……じゃなくてコンビニまで買いに走ったのですが、その歯磨き、二日後になぜか洗面台の、それもかなり目立つ場所にでんと鎮座ましましているではありませんか。
確かに無かったの。本当に無かったのよ?
そんなミステリーだったり。

捨てたはずのゴミが、
何故か玄関を出たマンションの廊下に放置されていたり。
(入り口まで持って出たものの、そこに置き忘れていたのであろう。
 ご近所の方、大変申し訳ありませんでした……)

急にネギスープが猛烈に飲みたくなり、夜中の3時に24時間営業スーパーに買いに走り、たっぷりネギと手羽先のスープを作って美味い美味いと堪能し、ふと気づくと放置してあったスーパーの袋の中に謎の物体が。(帰宅後既に三時間が経過)
そう、それはネギスープの後に食べたら美味かろうと思って買ってきた棒アイスの無惨に変わり果てた姿。
そんなミステリーだったり。

スタジオに着いてみたら、
絶対にコピーした筈だった曲データがあら不思議、全く入っていない空のハードディスクを持参していたり。(このミステリーばかりは笑えない……)

CDを整理してみたら、同じCDが何故か二枚も三枚もあったり。
そんなミステリーは皆様もきっと経験済みですよね?

ミステリーとはちょっと違いますが、そういえば先日スタジオで「ついやっちってプチ落ち込む事」的話題で盛り上がっていました。
・歯磨きと間違えて、洗顔料を歯ブラシに出してしまう、とか。
・シャンプーと間違えて、まずコンディショナーを手にとってしまう、とか。
この場合、そのコンディショナーをその後どうするかでタイプが分かれました。
とりあえずそのまま髪に付け、その後改めてシャンプーする派。
いさぎよく流してしまう派。(私はこれ)
お風呂場のどこぞにねちょっと付けておいて後で使う派(笑)。
やっちゃった……の事後処理も人それぞれです。

そして梶浦的にかなり頻繁にやっちゃう事で、誰も賛同してくれなかったのが
・リップクリームと間違えて、スティックノリを唇にぬりっとやってしまう。
私、もう数回経験があるんですが誰もやった事無いって言うの。
やらない?やるよねえ?

そうそうミステリーと言えば。
仕事のメモを保存する「メモフォルダ」を整理していたんですよ。
「空2メモ1〜5」(空の境界2章のメモ)とか「TOVAメモ」(ツバサOVAメモ)とかそんな名前のファイルが存在し、中には生楽器入れる際の個人的注意書きやらMixに向けての覚え書きやらがだーーっと書いてあるんですが。
その中にこんな名前のファイルが。
トキメモ
はい? 
そんな名前のゲームあったっけ?
ふと考え込み、そうだ、あれだ。
「真救世主伝説北斗の拳・トキ伝」のメモだ。
と開いてみて思い出した訳なんですが。
いやまあ確かにその通りだ、という名前ではあるんだけど。
何というかこれからはもう少し略さない方法で名前付けようかなとか。
そんなミステリーも。

……いや、話が大幅にずれましたが。
そう、ミステリーツアー。
良くある、ホテルに泊まり込んで皆で謎解きをする企画系のやつではありません。
マイスウィート優しい妹が、私と母を旅行に招待してくれたのでございます。
行き先は全くの謎。
明日朝、実家の居間に集合。
それしか知らされていません。
さて私たちは一体何処へ連れて行って貰えるのでしょうか?
何かこういうの楽しいですね。
かなりわくわくです。
いずれ旅行記でも!多分!
では行って参ります〜。

| Comments (11) | TrackBack (0)