« February 2009 | Main | April 2009 »

March 26, 2009

歴史秘話ヒストリア、そしてピアノスコア

そして本日のブログその3。

四月からの番組でもう一つ、
NHK総合で毎週水曜22:00から放映される
[歴史秘話ヒストリア]
の音楽を担当させて頂いております。
番組でかかるのは、全てが今回新しく作ったものでは無かったりも致しますが、
でも今回OP、ED、その他数十曲、色々な曲を書き下ろしました。
これからも作ります。

そう、この番組、歴史番組ですので基本はナレーションバックのBGMなのですが、
「がんがんウタモノ作っちゃって下さい!」的な
(少なくとも梶浦にはこう聞こえた)
ご注文を頂いたため、
ガンガン作りました。
本当にいいのでしょうかと思いながらも作りました。

そして歴史物にも「アクション」的なシーンがあるのですが、
やはり歴史物ですので、どちらかと言えばクラシックよりな、
重めの重厚なものがいいのかなあと思っていた所
「がっつりビートもので行っちゃって下さい!」的な
(少なくとも梶浦にはこう聞こえた)
ご注文を頂いたため、
ガンガンビートもの+歌で攻めました。
本当にいいのでしょうか。
でも作っちゃいました。

そんな歴史秘話ヒストリア。
番組の内容は私がここで説明するよりも、間近に迫った4/01の第一夜をご覧頂いた方が早いかと思いますが、
とても面白いですよ。
教科書の中にいたあの人が、何だか身近に感じられたり。
人っていつも同じだな、とか、人ってやっぱりいいな、とか。
歴史の出来事と言うよりも「人」に焦点を当てている番組です。
番組と共に、音楽もお楽しみ頂けると光栄です!

そう、そしてお知らせがもう一つ。
04/09、シンコーミュージックさんより、ピアノスコア、「やさしいピアノ・ソロ/梶浦由記作品集」が発売されます。
全23曲、これがまた、See-SawからnoirのサントラだったりツバサのサントラだったりKalafinaだったりFJYだったり、実に幅の広い選曲でございまして。
アレンジそのものは、専門の方にお願いしておりますから、
実は私もどんな風に仕上がって来るのかとても楽しみなのでございます。
……自分で弾けなかったらどうしようとか(笑)。

そんな今日のブログ。
書き漏らしたことは無いだろうか……と思いつつ
ため込んだお知らせを一気書きしてみました。

でもやはり、「聞いて下さいね!」
と皆様に
新たな音楽をお届けできるのは
いつもとても嬉しく、光栄な事でございます。

今はかなりスライム化した毎日を送っておりますが、
もうちょっと休んだら、また新たに。
新たな音楽を皆様にお届け出来るよう頑張りますね。

ところで現在の私ですが。
中世にいます。(……)
もうすぐ現代に帰りますが、
現代に帰ったらすぐ裁判所送りになってしまうのです。
意味不明ですみません。
つまりクロノトリガっています。
こちらも頑張ります。
カエル君が好きです。

| Comments (25) | TrackBack (0)

March 26, 2009

Pandra Hearts そして FictionJunctionなお知らせ

本日はお知らせの日なのです。
お知らせブログその2。

そう、四月から
TVアニメーション「Pandra Hearts」が放映されます。
放映の曜日、時間帯などは、上記公式でご確認下さいませ。
このアニメーション、梶浦がBGMも作らせて頂いておりますが、
OPをFictionJunctionで歌わせて頂いております。
タイトルは「Parallel Hearts」。
もう放映開始も間近。
作品と共に、音楽も、そしてOPも、お楽しみ頂ける事を祈っております!

この「Parallel Hearts」、シングルが04/29に発売になります。
WAKANA、KAORI、KEIKO、YURIKO KAIDA
四名の歌姫が歌い上げてくれている
アップテンポの明るい曲です。
明るい曲です。
ちょっと大切な事なので二度書いてみました。

先日この曲のPVを撮影したのですが、何度もピアノを弾きつつ
何だかとても爽やかな気分になりました。
暗い曲もいいですが、明るい曲もいいですねえ。(当たり前か……)
とても清々しく格好良いPVを作って頂きましたよ!
ですが、そう。
清々しかったのは良かったのですが、
……寒かった。
その日は春まだ浅く、風もあり、とても寒い日だったのでございます。
梶浦はまだ良かったのですが、(長袖着てたから)
春のような夏のようなステキ衣装を着ていた四名の歌姫は
とても寒かっただろうと思います。
さぞかし寒かっただろうと思います。
でもそんな寒さなんて感じさせない爽やか映像ですよ。
皆様にも早くご覧頂く機会があるといいなあ!

このシングル、CWは「ひとみのちから」というバラード。
これはYUUKAが、切々と歌ってくれています。
実はこれ、ちょっと昔の曲なのです。
いつかYUUKAちゃんに歌って欲しいと思っていた曲でした。
今回CWとして収録が叶い、とても嬉しい曲でもあります。
……って、シングル発売はまだ先なのにちょっと気が早いですかね。
でも、遅いよりはいいよね!

この、アニメーションPandraHeartsのイベントが05/09に行われ、
FictionJunctionはそちらにもお邪魔する予定でおります。
詳しくは公式のお知らせをご覧下さいね。

そう、そしてFictionJunctionは、今年の
[Animelo Summer Live 2009
にも、08/23に出演させて頂く事になりました!
Pandra HeartsのEDを歌われているsavage geniusさんとも同じ日なんですよね!
その他素敵な歌い手さん達が大集合するこのライブ、
出演させて頂くのもですが、他の方のステージもとても楽しみです。

そしてライブと言えば七月には
FictionJunction Yuki Kajura LIVE Vol.#4〜Everlasting Songs Tour 2009〜
も待ちかまえております。
ああ、楽しみ。
早くライブやりたいな。
こちらも皆様にお楽しみ頂けるよう頑張ります!

そんなFictionJuncrionなお知らせでした!

| Comments (4) | TrackBack (1)

March 26, 2009

Lacrimosaとか、Kalafina

また改めて、と書いてから随分と時間が経ち、
そしてシングル発売から既に数週間が経過し、
まじ今更という気も激しく致しますが、

Lacrimosa。
本当に今更ですが!

そう、曲についてはTVでももう何度もオンエアされ、
CDも、もう皆様に聴いて頂いている状態で
何を語るまでもありませんが、まあ一言で言えばこのシングル、
「梶浦やりたいほうだ(略)」
という感じでしょうか。

ええ、好きな曲調です。
好きな音です。
またそれを、歌姫さん達がステキに歌ってくれています。
梶浦語(造語コーラス)も満載です(笑)。
途中、ちょっとラテン語に聞こえる箇所もありますが、
気のせいです。
あくまで梶浦語なのです。
作詞家がそう言っているので間違いないのです。

そう。
このLacrimosa、中身もですが(笑)、ジャケもとても気に入っているんです。
美しー。
Kalafinaはアートワークもとても凝って作って頂いていますが、
今回のジャケは特にお気に入り。
あの髪型は半端無く時間かかったようですよ……。

帯には、「黒執事」の原作を描かれている枢やなさんから、本当に本当に美しい文章を頂き、感激でした。
嬉しくて、光栄で、何度も読み返してしまいました。
お忙しい中、枢さん、本当にありがとうございました……。
こんな美しい言葉に値する音を
これからも頑張って作らねばなあ。
そう思いました。

Kalafinaと言えば、今年五月。
Anime Boston [http://www.animeboston.com/]
に参加させて頂く事になったのです。
ライブもやります。

そう、ライブと言えば、ボストンへ行く前に
五月はKalafina1stライブも待ちかまえております。
アルバム+シングルをご購入頂いて応募して下さった方の
ご招待という形になってしまって申し訳なくも感じておりますが
でも私が言うのも何ですが、Kalafinaのライブはほんとステキ。
これからもっとステキにして行きたいとも思っています。
ライブ、がんがんやって行きたいと思っているのです。
CDもいいけれど、彼女たちの生の歌声を
もっともっと皆様に聴いて頂けたらいいなあと思っております。

そんなKalafina
どうぞ今後とも宜しくお願い致します!

| Comments (3) | TrackBack (1)

March 25, 2009

夜桜

Rikugien

六義園のしだれざくら
美しゅうございました。
携帯の写真では限界がありました……。
あまり綺麗でない画像でごめんなさい。

そして、先日のブログで
あまりシャレにならない事を書いてしまったのを少し反省しております。
ご心配頂いた皆様、ありがとうございます。そしてごめんなさい。
今はぼーっと夜桜見物に出かけられる程元気なのです。
(雨だったのにも関わらず花粉症は出たがな!)
またこのお休みが終わったら
嬉し楽しく健康的に(?)音楽に取り組む所存にございます!
ご容赦下さいね。

お休みの現在、実家に帰り
……とは言ってもお仕事場から30分かからない距離なのですが。それにも関わらず、引っ越してもう二年以上経ったのにおそらく一ヶ月とは寝ていない我が部屋に、やっとテレビを入れたり、実家にやっと無線LAN環境を整えたり。

ブルーレイが見られるテレビを買ったので
ブルーレイのディスクを買ってみたりしました。
映画とか音楽ディスクとか、そういったクリエイティブ(?)なものではなく、
「タヒチ」
延々とタヒチの映像が流れる。
それだけのディスクです。
「海キレー!」
そんなディスクです。
癒されます。
ますます眠さアップです。

本当はTVを買いに行ったついでに、せっかくのお休みだしゲームでも、と思って買ってみたのです。
懐かしの「クロノトリガー」DS版。
強くてニューゲーム!
しかしまだ手つかずです。
そう、○○を倒して×××を元の姿に戻すか
カエルのままで耐えて貰って○○さんを仲間にするか
青春の一時、真剣に悩んだものよ。
そんな愛しい記憶のある名ゲーム。
しかし手つかずのままお休みを終えそうな予感もしております。
今の私はまだ時を賭ける激動の日々よりも
タヒチ。
これです。
「海キレー!」
ぐー。
そんな日々です。

しかし数日後
強くてニューゲーム!
とか言っているかもしれないし言っていないかもしれません。
未来は予測不能なのです。
そんな日々なのでした。

| Comments (6) | TrackBack (0)

March 24, 2009

ダメな日々その2

皆様こんにちは、梶浦です。
また明日……とか書いておきながら更新しなくてごめんなさい。

今の私、どんな状況かと申しますと、

寝てます。
ひたすら寝てます。
我ながら、「はて、人はこんなに寝られるものなのだなあ」と感心するほどの生活です。

朝起きて、朝ご飯を食べて
寝る。
何となくテレビを見ながら寝る。
何となく本を読もうとするも1Pも進まず寝る。
夜ご飯など食べてみる。
そして寝る。
ふと目を覚ましてお風呂になど入ってみる。
これだけ寝たんだから、今夜はもう寝られまい。
と思ってはみるものの
ベッドに入って8時間死んだように爆睡する。

一日24時間中、4〜5時間しか起きていないような気がします。
先週までは、自分的寝ない記録に挑戦し続けて来た気がしますが
こうなったら今週は、
自分的どこまで寝られるか記録に挑戦してみようと思います。
そんな訳で、前向き(?)な更新はもう数日お待ちください。

おやすみなさい。
ぐー。

| Comments (10) | TrackBack (0)

March 21, 2009

ダメな日々

皆様こんばんは、梶浦です。
今の私
どんな状況かと申しますと

なのです。
休み。
休日。
良い言葉です。
しみじみと心が温かくなる言葉です。

そうなのです。
思えば去年の秋頃から、我ながらかなりかっ飛ばして参りました。
大人が忙しいとか書くのカッコ悪いだけだと分かってはいますが。
ごめんねごめんね。
それでも我ながら、「はて、人はこんなに寝なくても生きていけるものなのだなあ」と不思議になるほどの生活でした。
約半年間、ずっとHP3位でした。
毒沼はまれば三歩でアウト。
実際スタジオでレコーディング中にアウトになって、メンバー&スタッフにご迷惑かけた事もありました……ごめんよごめんよ。
血を吐くほどの、と良く言いますが、実際まっくのキーボードに血を吐いてダメにしてみるとあまりシャレにならない事も良く分かりました。
そんな生活でした……
でも楽しかったのよ。
本当です。
やっぱり本当に私、
音楽好きなんだなあと思った数ヶ月間でもありました。
だって結局、自分で「やりたい!」とお引き受けした音楽での忙しさだったんですもの。
本当に楽しかった。
それでも、何故こんな事をぐだぐだ書いたかと申しますと、

この言葉のステキさを噛みしめている。
そんな今の私の心情を分かって頂きたかったからなんですの。
お仕事は楽しいです。
でもお休みもステキですわ。

眩しくて眩しくて何も見えない
光のなか。
そんな感じ。
君が光に変えてくれちゃった感じです。
はい。

一週間の休み。
何をしようかと考えているかと申しますと
もう何もしない。
何もかも放棄して人間以下の生活をしよう。
そんなダメ計画しか立てていません。
部屋の片付けも譜面の整理もとりあえず後から考えよう。
とりあえず寝よう。
寝たいときに寝よう。
寝たくない時にも寝よう。
ぐー。
そんな引きこもり人間になる予定なのです。
せっかくの休日なんだから友人と飲もうかな
と考える気力さえ今はないのです。ごめん。
ぐー。

しかしとりあえず休日第一日目。
遊びに来てくれた妹に誘われて
現在上映中の
「空の境界 Remix -Gate of seventh heaven-」
を見て参りましたの。
これがまた。
Kalafina、そして今まで書かせて頂いたBGMをふんだんに使って頂いて、またRemixされた映像、新たな映像がまたとてもとても格好良くて。
作曲家としては感涙にむせぶ一作だったのであります。
約60分のフィルムですが本当にカッコイイので、映画館に行かれる場所に住んでいらっしゃる方には本当にお勧めなのであります。

そして上映もほぼ終わりに近づき、字幕。
流れる字幕の中に「音楽:梶浦由記」の名前も出して頂いております。
その後に流れる主題歌のテロップも、
作詞作曲編曲梶浦由記オンパレード。
一緒に行った妹としては
(彼女は空の境界の音楽をとても好きでいてくれるので)
ここでいたく感動したそうなのです。
「いい曲ばかりだねえ……お姉ちゃん、良く頑張ったぜ!」
と万感の思いを胸に、隣の作曲家の方を振り返ると
隣にいたダメ姉は、ものすごい勢いで爆睡していたのだそうなのです。

……いや、お休み第一日目で、殆ど寝ないで見に行ったもので!
字幕前までは、フィルムのすごい出来に寝るどころじゃなかったんですよ!でも、字幕でちょっと気が抜けたというか何というか……。

ともごもご言い訳をしてみたものの。
「自分の字幕で寝るか!?」
と妹には呆れるを通り越して怒られた。
そんな日でもございました。
いやほんとカッコイイフィルムなのです。
おすすめなのです。本当です。

そんな今日この頃。
お知らせ事項もたまってはいるのですが
また明日にでも……。
今日のブログはダメ一筋で終わりにしとうございます。
今日もこれから寝倒す所存なのでございます。
おやすみなさい。
ぐー。

| Comments (22) | TrackBack (0)

March 02, 2009

Seventh Heaven

つい先日FictionJunctionのアルバムお知らせをしたような気がするのですが、
今回はKalafina。
3/4に、アルバムとシングルが同時リリースされます。

まず、アルバムSeventh Heavenは空の境界の主題歌七曲+6曲(+overture)という構成になりました。

どんなアルバムかと申しますと、一言で言えば
「梶浦やりたい放題」
そんなアルバムかなあと思います。

そもそも空の境界という作品が梶浦のツボを突きまくって下さり、主題歌七曲、タイアップとは言えやりたい放題やりまくりだったのに加え、新曲6曲も作っていいって言うんだからますますヒートアップ。

今思えば「Everlasting Songs」はとても爽やかなアルバムだったと思うの(私にしては)。もともとあった曲をお料理しなおす、という気楽さもあって、作っている間本当に楽しかったのです。うきうきわくわくらんらんらん、といった感じの作業でした。

それに比べて、Seventh Heavenは、というかKalafinaの曲は作るのに体力と気力を異様に消耗するんですの(笑)(歌ってくれているメンバーにとってもそれは同じだと思いますが)。アルバムを作り終えた時には、「もうダメだ、骨は拾ってくれ……」と思いました。でもその分、やはりとても楽しかったです。やってみたかった事をやりきった的な充実感がございます。

マスタリングで改めて一枚分通して聴いて……
「暗っ!」と思いました。(え……)
儚さとかはありそうだけど、「爽やかさ」って何?それ美味しい?という感じ。
そんなアルバムです。
そんなんで宜しければ是非聴いてやって下さいませ!(……)

通常版、限定版の二種類出ておりますが、限定版の方には空の境界主題歌七曲分の映像(ライブ+PV)入りのDVD、そしてスペシャルブックレットには、奈須きのこさんが七曲分の解説を書いて下さいました。

この解説が、本当に素晴らしいのです。
梶浦感動してしまいました。
私自身もなるべく原作世界を理解して相応しい曲を作りたいと、頑張ってきたつもりではありますが、ああ、こんなに丁寧に聴いて下さっていたのだなと。奈須さんにこのコメントを頂けただけでも、七曲分書いたかいが、ありすぎるほどあったなと思いました。奈須さん、改めて本当にありがとうございます……。

そんなKalafinaのファーストアルバム。
皆様にお楽しみ頂けますことを願っております。

そして、アルバムとシングルを両方お買い頂いた方は、5/19Kalafinaのプレミアムライブにご応募頂ける仕様になっております。
詳しくはアルバム内部の応募券をご覧になって頂きたく思いますが、Kalafinaはライブもどんどんやって行きたいと思っているんです。その初めてのワンマンライブ、メンバーも張り切っておりますので、抽選にはなってしまいますが、是非見届けてやって頂ければと思います。

長くなったので、シングルLacrimosaについてはまた改めて……。

| Comments (24) | TrackBack (1)

March 01, 2009

FictionJunction CLUB

さて、雛祭りも目前の本日03/01、梶浦ファミリーファンクラブ、「FictionJunction CLUB」が無事発足の日を迎えました。
梶浦ファミリーに参加して下さった皆様、ようこそいらっしゃいませ!
そして本当にありがとうございました。

……CLUB会員以外の皆様には申し訳ありませんが、本日のブログは会員様向けかもしれまれん。ごめんなさいね。一応お断りを……。

皆様のお手元にも、そろそろ初めての会報が届いている頃かと思います。
色々まだ試行錯誤の時期ではありますが、まず第一号、お楽しみ頂ける事を祈っております。

7月のライブのお知らせなども同梱されていたかと思いますし、
今後梶浦&ファミリーの様々な活動を、お知らせして行けたらと思っております。
皆様、改めましてこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

会報の最後の方にちらっと、「ファンクラブイベント第一弾」のお知らせも載せてございます。詳しい日時、詳細はまた改めてお届けする事になるかと思いますが。

初のファンクラブイベントです。
まだ内容については色々未定な部分は多いのですが、
梶浦的には、
思いっきり「ぬるい」イベントにしたいかなと思っていたり。(え……)
いえね、音楽がっちりお届けします! というのはライブでやるから、そういうのとは違うベクトルがいいのかなと。トークも時間制限あり!なライブと雰囲気を違えて、あくまでぬるいトーク中心に、普段あまりライブで喋らない歌姫さん達を思いっきりいじり倒してみたいなとか。そんなまったり系のトーク系イベントにしてみたいなと密かに思っております。

……そんなんでいいのかな。本当に……(汗)と思いつつ、そんなんで宜しければ、是非ご参加下さい……いえ、まだ梶浦の「つもり」なだけで、本当の詳細は決めていないんですが!色々細かくは、これから決めようと思っておりますが。
こんな事もやって欲しい的リクエストもあればお待ちしております。

そんなこんな、とりあえずご挨拶のみといった感じではありますが、
ファミリーになって下さった皆様。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

| Comments (17) | TrackBack (0)