« December 2009 | Main | March 2010 »

January 26, 2010

時の向こう 幻の空

FictionJunctionのシングル、
「時の向こう 幻の空」
が、お陰様で明日発売になります!

……長々と語りたいのは山々なのですがっ、
今日ちょっと時間があまりにもなくて……あああ。

また改めて!
今日はお知らせのみのブログにて申し訳ありません。

どうぞ宜しくお願い致します!

| Comments (16) | TrackBack (0)

January 19, 2010

光の旋律

さてさて。
明日、Kalafinaのシングル「光の旋律」が発売になります。
現在放映中のアニメーション、「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の
OPに流して頂いている曲です。

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」という作品の主題歌を作らせて頂けると決まった時、
「空の音」、ってどんなだろう……。
と自分の中のイメージを色々探ってみました。
空から聞こえる音。
ベルの音……っぽい短音だろうか。
ベルでは少し鋭すぎる気がする。ピアノ?でも無いかも。
もう少し柔らかい音、明るい、リリースの長い木琴のような音かなあ。
でもきっと高音ではない。中音辺りの。
あくまで自分のイメージの中だけの「空の音」ですが。
ぽん、と空から響いてきて、
その音を聞くと、誰もがふと顔を上げてしまうような音。
でもきっと本当は空から聞こえてくるのでは無いのだろう。
自分の他には誰にも聞こえていない、
自分の中から生まれてきた、自分だけの音。そんな響きなんだろう。

そんな事を考えながら曲、歌詞を書き進めていて、ふと気づきました。
俯いている時にも、悲しい時にも、
その音が聞こえればふと顔を上げてしまう、自分の胸から響く音。
顔を上げた瞳の先には青い空があって……。
そういう「音」のようなものを表す言葉が、もうちゃんとあるじゃないか。
「希望」という言葉が。
そう気付いて、あとは一気に書き上げる事が出来た曲でした。
言葉ってすごいな。
「希望」っていい言葉だなあ。
改めて口にするとちょっと照れるけど、やっぱりいい言葉だな。
そんな風に妙に感動してしまった自分がいたので、
個人的にはちょっと照れる「希望」という言葉を、
敢えて歌詞の中にも入れてみました。

「音楽」は、語り継ぐもの、という気がしています。
新しい曲を作る時にも、
自分の中には昔から聞いてきた旋律やリズムが脈々と流れている。

その、数多の人々が作ってきた「音楽」という大きな流れの中に、
一つだけ自分なりの音符を重ねてみる。
今自分がやっている「作曲」って、そういう作業なんじゃないかと思う事もあります。

確かな音符や旋律には出来ないけれど、人の心の中に脈々と流れている「song of love」的な調べが、確かに何処かにあるのではないかとも。いや、昔からあるのではなく、人が営みを重ねる事によって、その何処にもない旋律を少しずつ作り上げて来たのではないかとも。
その調べはきっと、とても「希望」という言葉と似ている気がする。
いや、逆に「希望」という言葉、まだ「希望」という概念が無かった昔から、人はそれに似たものを少しでも具現化したくて音楽を作り続けて来たのかもしれないな。そんなうがった事も考えつつ。

そんな、自分にしか聞こえない空の音、何処にもない旋律に届きたい、出来ることならその孤独な旋律を誰かと分け合いたい、無理なのは分かってるけど、でも出来ることなら。
そんな風に「音楽」は生まれてくるんだろうな。そんな事も考えつつ、

作った曲でありました。
なので、普段は曲の「テーマ」を明言するのは好きではない私ではありますが、
この曲のテーマは「希望」であると言い切ってしまいたい、そんな曲です。

ああ照れた。
恥ずかしいこと書いたぞ。
でもそんな曲なんですよ。

ええ。
ここまでお読み頂いた方にはもうモロバレでしょうが、
気に入ってます。自分で。この曲好きです。
あるいは皆様のお好みではないかもしれませんが、
この曲を作ることが出来て嬉しい。
梶浦個人はそう思っている曲です。
聴いて頂けたら嬉しいです。心から。
「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」という作品との出会いに感謝しつつ。

なんて書くと他の曲は気に入ってないのかという話になってしまいそうですが(笑)。そうではなく。何かタイミングってあるんですよ。今、この曲を作れた事が嬉しい。そんな感じ。

それにしても暖かいです。(東京は)
数日前まであんなに寒かったのに。
暖かいのは嬉しいです。
最近我が仕事部屋の暖房の利きが悪くなっていて、
寒い日は熊のように着ぶくれてお仕事してるんですよ……(涙)。

そんな熊は今絶賛Kalafinaアルバムラストスパート中。
……がんばるぜ!

| Comments (32) | TrackBack (1)

January 14, 2010

ライブ終了、ありがとうございました!

もう随分日数が経ってしまったような気が致しますが……。

Yuki Kajiura Live Vol.5、
横浜、大阪にいらして下さった皆様、改めて
本当にありがとうございました。

いつも同じ事を書いているような気がしますが、
ステージの上から、皆様の楽しそうなお顔に出会う度、
これはどういう奇蹟だろうと、ただ感動します。
自分たちが奏でる音楽を楽しそうに聴いて下さる人達がいる場所。
この世に楽園というものがあるのなら、こういう所だよなあ。
天国行ったってこれより素敵な場所なんてないよなあ。
大げさなようですがいつもそう思ってしまうのであります。
本来中には何もないコンクリートの箱。
あの場所を楽園に変えて下さった皆様、ありがとう!

今回のライブは、「日本語封印」、日本語以外の歌詞曲限定という、
少々マニアックな内容でお届け致しました。
どうせマニアックなら、好き勝手やっちゃえ〜と大幅に新曲を増やし、
とりあえず思いついた曲は全部やっちゃ……うまでには至らなかったのですが、(梶浦の非日本語曲はまだまだまだあるのです)相当好き勝手やった。

お客様に、舞台の上にいる側の人間の苦労を語るのはかなりアレでカッコ悪いし大変に申し訳ない事と思いつつ書いちゃいますが、特に歌姫ズは本当に大変だったと思うんだ。あまり沢山の時間があった訳じゃないし、多少の事ならごり押ししちゃう梶浦も、さすがに今回はちょっと無理かも、これ以上はちょっと……と思いつつ、アレンジしてる手がっ、手が止まらないんだ! 私の手が悪いんだ!(……)的に譜面を送り続け、譜面は新曲だけで、多分重ねて厚さ10数センチ的な量になったかと(笑)。

それを大変な顔も見せず(少しは見せたかも(笑))、でも「楽しい」と言って、それも相当カッコ良く歌い切ってくれた歌姫ズには本当にもう感服。感謝。ライブやりながら私が「すげえ!、君たちスゴイよ!」と思った場所がどれだけあった事か。
それぞれがみんな、個性豊かな、素晴らしい歌い手さん達です。
みんな本当にありがとう。君たちに歌って貰えて、梶浦は本当に幸せ者です。
内輪褒めで、自画自賛しまくりで、
読んで下さっている方々には相当鬱陶しいかもしれないけど。ごめんなさいね。
でも本当に大好きな歌い手さん達なんですよ。
彼女たちに巡り会えたからこそ、梶浦ライブは始まり、そして今回のライブがあり、今後も続けて行けるのであります。

バンドメンバー。
……あまり自画自賛コーナーが長くなるのもアレなので手短に。
ありがとう!カッコイイよカッコイイよみんな。
自分でやっててみんなの音に酔うよ(笑)。
どんなに大変な時も、音楽を愛していて、
楽しそうに音楽に取り組む、本当の意味での「いいオトコ!」達です(笑)。
その素晴らしいサウンドで、
「やっぱり音楽っていいなあ〜」という根本をいつも私に教えてくれる人達です。
あんまり手短じゃない……?ちっ、褒め足りないぜ……。
私自身彼等のファンなので堪忍してね。

音楽を愛している人たちに囲まれるのは本当に気持ちがいいんですよ。
自分が気が向いた時だけ愛するのではなく、
音楽に疲れたな、と思っても
それでも愛する力を持ち続ける事が出来る人たちって、ほんとカッコイイ。
歌姫ズも、バンドメンバーも。
なので梶浦ライブは、リハからもう楽しくて仕方がないのです。
生きて行く力を貰えると言っても過言では無い。

ステージ上の私たちだけではなく、
「梶浦ライブは本当に大変(笑)」と言いつつ素敵な音を組み立ててくれる音響さん、
ステージをいつもとても美しく演出してくれる美術さん、照明さん、
そしていつもすっばらしい、音楽心に満ちた映像を作ってくれるVJのJUNGOさん、
細かい所にまで心を配ってくれるスタッフのみんなみんな、
そんなみんなのお陰で、今回もライブを終える事が出来ました。
いいライブだったと、思うんだ。
一人では出来ない事が、みんなが集まるとこんな事が出来るんだな、
そんなライブだった。
本当にありがとうございました。

そして、そんな私たち全てを支えてくれた、
観客席にいらした皆様。
皆様が、あの場所にいらして下さったから、
あんな素敵なお顔で私たちに応えてくれたから、
そんな私たちのすったもんだが、「楽しさ」という
最高の意味を伴って帰ってきました。
ありがとう!
今回はね、今までの中でも特に、かなり自己満足に近いライブだった(笑)。
私が聴いて欲しい事をやった。
そんな我が儘ライブに付き合ってくれたメンバー達も。
そして遊びにいらして下さって
素敵な一夜を下さった皆様。
ありがとうございました!
ありがとう……しか言えない自分がもどかしい感じです。

いつもライブ後はくどくどしいブログを書きがちで、
今回もかなり長ったらしくなっておりますが。
そうそう、「こんなライブは二度と出来ないかも」
なんてちょっと弱気なことを先日のブログに書いてしまいましたが(笑)、
日本語封印を二度とやらないという意味では無いのであります。
むしろやります……そうすぐでは無いでしょうが。
だって私がやりたいから(笑)。

しかし日本語を封印しないライブも
やりたいと思う我が儘な私でありまして。
ライブ会場でもお伝えしたのですが、
「Yuki Kajiura Live Vol.6」
皆様のお陰で既に決定済みなのです。

05/16(日) 大阪なんばhatch
05/30(日) 横浜 Blitz
06/06(日) 名古屋ダイヤモンドホール
06/13(日) 東京JCBホール

やります!今度は全部日曜日!
そして今度は日本語の歌もちゃんとやります(笑)。

そう。今回のライブでは、発売直前にも関わらず、
「日本語封印」の壁に阻まれ演奏することが出来なかった
FictionJunctionの新曲「時の向こう 幻の空」。
メンバー間では、
「イントロ造語だから、イントロだけなら今回も出来るよね!」
「やろうか!」
「では聴いて下さい、『時の向こう 幻の空』!」
〜イントロ貝田さんコーラス(6小節)
 そして今野さんのヴァイオリンが高らかに響き!(2小節)
 ジャ〜ン!……どどぱん!(終了)
という「時の向こう以下略」(約10秒)
をお届けしようかという声も
飲み会の席では上がりました。
勿論そんな事できっこありませんので実現致しませんでしたが、
次回のライブでは是非フルヴァージョンで聴いて頂ければと思います。

そうそう、そしてこんなCDも出ます!

Yuki Kajiura/FictionJunction LIVE BEST(仮)

『2008.7.31 O-EASTから2010.1.9 横浜BLITZにて行われた
全てのLIVEの中から選りすぐりのTRACKをセレクトした
LIVE BEST集(2枚組)。
DVDやCDに未収録の楽曲も多数収録予定。』

(仮)ですみません。
まだ色々決まっておりません(笑)。
ライブ中にも申し上げましたが、
「この曲は是非入れて!」「この曲入れなきゃ買わないからね!」
的リクエストございましたら、
どしどしお待ちしておりますです。

何だかこんなに色々書いたのに、まだ書き足りない気がしています。
色々恥ずかしい事も書いたと思うので、読み返さずにアップしてしまおう(笑)。
皆様に頂いた感動がまだ覚めやらぬ状態なのでお許し下さい。

といいつつ今日からもうバリバリお仕事です。
帰りの新幹線の中で、
「うおー帰ったら頑張らなきゃ!」と叫んだら、
いつも色々お世話になっている、梶浦のマネージメントもしてくれているM氏から、
「辛い事とも逃げずに向き合わなきゃね(にっこり)」と言われました。

……その通りです。
そんな感じのMC、しました、今回(笑)。拾われちゃったぜ。
いや、辛くなんかないけどね!
音楽作るのはいつも楽しいです。本当に。
今回皆様に頂いたパワーでますます楽々頑張れる。
音楽って本当に素敵です。
結局それが言いたいだけの
そんな今日のブログでした。

皆様、本当に、ありがとうございました!
またお会いしましょう!
そして今回お会いできなかった皆様とも、
またどこかで、「音楽」の中でお会いできますよう!

| Comments (46) | TrackBack (0)

January 14, 2010

Yuki Kajiura Live vol.5 セットリスト

お陰様で無事終える事が出来ましたYuki Kajiura Live vol.5。
セットリストをお願いします、というリクエストを多く頂きましたので、
まずはそこから。

01.cynical world (Fiction)
02.the image theme of Xenosaga II (XenosagaII)
MC
03.Voyagers (経済羅針盤テーマ曲)
04.key of the twilight (.hack//sign)
MC
05.L.A. (El Cazador)
06.ship of fools (ツバサ・クロニクル)
07.once upon a time there was you and me(ツバサ・クロニクル)
08.a song of storm and fire(ツバサ・クロニクル)
MC
09.alone (Pandora Hearts)
10.bloddy rabbit (Pandora Hearts)
11.contractor (Pandora Hearts)
12.everytime you kissed me (Pandora Hearts)
13.secret game (noir)
14.maze (noir)
15.canta per me (noir)
16.salva nos (noir)
MC
17.Historia:closing theme (歴史秘話ヒストリアEDテーマ)
18.darklore (Aquarian Age)
19.awake (Aquarian Age)
20.zodiacal sign (Aquarian Age)
MC
21.媛星 (舞-HiME)
22.目覚め (舞-HiME)
23.MATERIALISE (舞-乙HiME)
24.聖乙女の祈り (舞-乙HiME)
MC
25.I reach for the sun (El Cazador)

Enc
26.in the land of twilight under the moon (.hack//sign)
27.open your heart (.hack//sign)
28 a farewell song (noir)

書き忘れないかな?スペルミス無いかな?どきどき。
そんな布陣でお届け致しました。

メドレー形式にした部分もあり、元曲より短くなっているもの、
長くなっているもの、
once upon a time...は実質once upon+ring your song
的な内容であったり、
contractorは本来あまり歌部分が無い為、大幅に歌パートを増やして
ほぼウタモノとして生まれ変わっていたり、色々でありました。
楽しかったわ〜。

とりあえずセットリストのみ。また改めてブログ更新致します。

| Comments (16) | TrackBack (0)

January 09, 2010

横浜ライブ終了!

ありがとうございました!
とりあえずそれだけしか言葉がありません。
今回も、本当に皆様の暖かい声援、笑顔が嬉しかった。
幸せな一年の始めとなりました。
ありがとう……。

久しぶりの日本語封印ライブ。
濃くしてみました。
はい。
いらして下さった皆様、
お楽しみ頂けたことを祈っております!

正直、このライブは二度は出来ないと思います(笑)。
今回限りの冬祭り。
そんなのもいいかなと。

そんな感じで、次は大阪。
お邪魔します!
楽しみです。どうぞ宜しくお願い致します!

短いですが、とりあえずご挨拶まで。
本当に、心から、
ありがとうございました!

| Comments (45) | TrackBack (1)

January 08, 2010

いよいよ明日

リハ最終日でした。

いよいよ明日横浜本番!

正直、
今回普段よりリハ多めに取ったんですが。

多めにしておいてほんっとーーーーに良かった。
リハ終わってみんなぐったりで、写真も撮れなかった(笑)。

……だってやってみたかったんだもん!

だらけな。

正直、ちょっと反省はしている。

でも後悔はしていない。


日本語封印ライブだからこそ出来る、

そんなライブになりそうです。

そんな感じで
明日
いらして下さる皆様

心よりお待ち申し上げております!

皆様に楽しんで頂ければいいのですが。

それだけが今の願い。

今日はもう寝る!
おやすみなさい!

| Comments (11) | TrackBack (0)

January 01, 2010

謹賀新年

昨年度は大変お世話になりました。
と書いてしまうのは簡単ですが、
本当に皆様のお陰で、素晴らしい一年を過ごすことが出来たと思っております。
改めて、私たちの楽曲を聴いて下さった皆様、
温かいお言葉をかけて下さった皆様、
本当にありがとうございました!

そして、明けましておめでとう御座います!
新年、雪や悪天候に悩まされた皆様には心よりお見舞いを申し上げたく、
しかし東京は、申し訳ないほどの晴天。
雲一つ無い青空。暖かいお正月となりました。

年末何をしていたかと申しますと、
仕事場の掃除をしました!
……妹が。
そして知子さん(母)が。
私が色々ひーひーやっている後ろで、
お風呂場も洗面所もぴかぴかに磨き上げてくれた妹よ。
お部屋をキレイキレイにしてくれた知子さん。
きっと綺麗好きな神様からのご褒美があるいい年になると思うよ!
本当にありがとう!
何だか去年の年末も殆ど同じ事を書いたような気がしますが気にしない。
家族も含め
色々な方におんぶにだっこをして頂ながら過ごした昨年です。
そして今年もそんな感じになるのでございましょう。
皆様お世話になります!(開き直り)
少しでもどこかでご恩返しが出来ますように……頑張ります……。

ヘッドフォンをする余裕もなく色々な作業をしていたものですから。
そう、今梶浦が追われている作業と言えば、
それはやはり間近に迫ったYuki Kajiura Live。準備の最後の一押し。
ぞうきんや洗剤を片手に背後を行き来していた妹が、
「ふーんその曲やるのね、聴きたかったから嬉しいな♪ネタバレネタバレ♪」
と呟き続けていた事は言うまでもありません。

そして昨年年末には
織田かおりちゃんや、Kalafinaのライブもありました。
これが、一緒にお仕事をしている私が言うのも何ですが。
本当に何なんですが。
とても素晴らしいライブでありました。
いかん。
Yuki Kajiuraライブも負けてはいられないわ!
そう思いました。
がむばります。

とりあえず、今回のYuki Kajiuraライブは
新曲ラッシュです。
という事だけはお伝えしておきます。
でもあまり新しい曲ばかりでもなあ。
やはり定番でも「聴きたい!」という曲ってあるよなあ。
そう思って少し押さえました。
なので、新曲「ラッシュ」一歩手前で踏みとどまった。
そんな所でしょうか。
譜面をお届けしたバンドメンバーからは
「曲多い〜正月返上じゃん(笑)」
と言われ、
歌姫ズには
「歌譜面送るね、もうこれで最後だから!」
……というメールを確か三回は打った。
そんなライブ。
予告しておきます。
……長いです。
スタンディングなのにすみません。
どうぞ履きやすい靴でお越し下さいますよう……。
何だか去年の年末ライブでも
殆ど同じ事を書いたような気がしますが気にしない。

年明けすぐ、いよいよバンドリハ始まるぜ。
皆様宜しくです!

そして、一月頭には、FictionJunctionが、Kalafinaが、
OPを歌わせて頂いているアニメーション
「おおかみかくし」「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」も始まります。
二作品ともとても面白そうなので、是非ご覧下さいませ!

曲についてなどは、またシングル発売の頃に
改めて語りたいと思っておりますが、
一つ、あらかじめお断りしておかねばならない事が。
FictionJunctionがせっかく出させて頂く新曲ですが、
今度のライブではやりません。はい。
だって出来ないんですもの。
日本語封印ライブだから(笑)。
シングル発売直前にライブするのに、歌ってるメンバーも同じなのに、
新曲やらない鬼ライブ。
面目ない次第でございますが、
またこの曲も聴いて頂ける、日本語も歌える(笑)ライブもきっとそのうち……。

そうそうライブと言えば、前回ライブのDVDも年末に発売になりました! あああ、ブログをサボっていたものですから書かねばならない事が山のように!
ご覧頂いた皆様、本当にありがとうございました!
もう自分の中ではかなり懐かしい感じになりましたが、
でも皆様のお陰で本当に楽しいライブでしたから、
綺麗な映像と音で残す事が出来て本当に嬉しい。
またそれを皆様にご覧頂ける事が本当に嬉しゅうございます。
お楽しみ頂けた事を祈っております!

まだまだ書き足りない事はありそうですが、
この辺りで……。
皆様、本年もどうぞ宜しくお願い致します!

| Comments (34) | TrackBack (0)