« May 2010 | Main | August 2010 »

June 22, 2010

クスクス

クスクスが好きであります。
あのさらさらぷちぷちな食感がたまりません。
調理も早いし簡単だし、
一人暮らしの強い味方だと思います。
パスタとご飯の中間的な感覚で使っています。

本格的な調理法はさておき、(ちゃんとした作り方は是非ぐぐって下さい……)
うちではただゆでるだけ。ゆでると言っても後で水を零したりはしないので、お鍋に目分量で適当にクスククを入れて、倍量程度のお水を目分量で入れて、固まらないように時々かき混ぜながら3〜4分蒸し煮。あっという間に出来ちゃいます。コクが欲しい時は後からバターを落とします。私は柔らかめに煮たものが好きですが、その辺りも全てお好みで調整出来ます。

これにレトルトカレーとかハヤシ的なものをかけていただきま〜す♪
となる訳ですが、クリーム的なものよりスープ的なものがマッチするかと思います。
自分で作るときは、たまねぎにんじんじゃがいも適当お肉スープにトマト缶をがばっと入れたものをかけたり。プチパスタのようなものなので、トマト味とはやはり相性はいいいですね。ねっとりとしたカレーよりは、レトルトだったらボルシチ的な物の方が合うかも。粒が細かいのでご飯で食べるより辛さが強く来ますので、辛いスープカレーよりあまり辛くないものがお勧めかも。まあ、お好みですが。
そんな感じのお手軽めにゅうなのであります。

レトルトご飯+カレーにもちょっと飽きたかな、でも手間はかけたくないぜ。
という私と同じくちょーめんどくさがりな一人暮らしの貴方。
食感も独特なので、レトルトメニューがちょっと新鮮になりますよ。
貴方もクスクスってみませんか?

そんな私は本日もクスクスしたばかりなのでした。
美味しかった♪
しまった、食べる前に写真撮っておけば良かった……。

本日のクスクスのお供は、カラミノフーズ大人の食卓シリーズの、「牛すね肉とトマトのカレー」。(言うまでもなくレトルトなのであります。)これがまたクスクスととても良く合ってのう。このカレーシリーズ、何種類か出ていますがどれもとっても美味しくて大のお気に入り。リンク張りたかったんだけど楽天にはありませんでした……。

そんな今日の簡単ブログ。

| Comments (31) | TrackBack (0)

June 15, 2010

ライブについての追記色々

ライブに関してお問い合わせ、ご指摘頂いた事
その他色々……。

まず、JCB千秋楽にて。アンコールでやった曲を
「ツバサ!」と紹介した私ですが
あれは日本語版なので正解は「ユメノツバサ」なのでした。
自分で自分の曲名を間違えるのはかなりどうなのかと(汗)。
申し訳ありませんでした……。

それから、今回のライブ、本編最後にお届けしていた曲
「maybe tomorrow」についても幾つかお問い合わせを頂きました。
あの曲は「Xenosaga III」のEDテーマとして書かせて頂いた曲で、
同ゲームのサウンドトラックCDに収録されている曲でもありますが、
ライブでお届けした形とはサイズ等が異なります。
ゲームEDで流す予定で書いた曲でしたので、
歌→長めのinstrumental→歌の最 後の部分
という形でサントラCDには収録されており、
ライブでお届けした、途中にラララを挟む一曲丸ごと歌もの、
という形はライブオリジナルで、あの形での録音物は存在しません。
お問い合わせ下さった方々、ごめんなさいね。

それから同じくJCBホール。
歌姫ズやバンドメンバー、笠原さんに出したお題
「冗談じゃなくこだわっているブツ」
略して JCB!だったのでありますが。
……はい。思いっきり苦しいこじつけです。知ってる。
でも他に何もJCB的な事が思いつかなかったの……。
……ともかくそんなお題だった訳ですが、
それに梶浦答えなかったというご指摘を頂きました。

はい。正直忘れておりました。
あまり面白いネタでも無く、今更書くのも忍びないのですが(^_^:)。
一応リクエストを頂いたのでとりあえず、
「香水ならブルガリ」でした。
たまには女らしい事を言ってみたかったの。
それだけなの。
ブルガリの香水大好きです、というかブルガリはほぼ?網羅しているけど、
他のメーカー?の香水は殆ど持っていない。
新商品出たらとりあえず買うだろ、程度には好きです。
今デフォで愛用しているのはオムニア アメジスト、他はその日の気分でという感じ。
はい、それだけのネタなのでした。

今回ご参加下さったスーパー素敵ゲストさん達。
大阪会場では、赤木りえさんが美しくも情熱的なフルートを響かせて下さいました。
赤木さんはソロでもとても沢山のCDをリリースされていて、どれもフルート
という楽器の魅力は勿論、音楽の楽しさに溢れた作品ばかりですが、
この五月に、「WAWAWAWA」というユニットで出された「やもりの目」
というCDがまた、何だか心が自由になるような遊び心一杯の素敵エスニックサウンド、
そして勿論赤木さんの伸び伸びとしたフルートの音色満載で、梶浦ヘビロテ中です。
赤木さんのオフィシャルサイトはこちら です。
ライブ活動も積極的に行っていらっしゃいますので、是非!
http://www.rieflute.com/

zodiacal signの振りがいいわ〜楽しそう〜あれ今度絶対一緒にやりたい!
と、リハの時にも、その後にお会いしたレコーディング の時にまで
言って下さった気さくな赤木さん。
いえ、めっちゃ嬉しいですけど!
でも出来れば手振りよりフルート吹いて頂きたく!
と梶浦が突っ込みたくなったのは言うまでもない………。

横浜会場ではえりさんの繊細華麗な歌声をご堪能頂きました。
梶浦のCDには、「伊東恵里」さんのご名義で参加して頂いていますが、
現在はえりさんと名乗られています。
梶浦が一曲書かせて頂いたアルバム「lonely with you」も、繊細なメロディー
や「歌」というものの美しさを堪能出来る、とても素敵な一枚であります…。
えりさんは、お声の美しさにもただ聞き入ってしまうばかりですが、
もうさすがに舞台経験を豊富にお持ちなだけあって、ステージの立ち姿にも
ただただ見とれてしまいます。すっと手を挙げた一つの動きで、会場全体の
空気を変えてしまう説得力には脱帽でありました。
数々のステージや小椋佳さんのコンサート、めざましクラシックスでも
活躍されていますので、皆様も是非またえりさんの素敵な歌声をご堪能下さい♪
えりさんのサイトはこちらです。
http://homepage3.nifty.com/eri/

肋骨骨折を押して今回参加して下さったえりさん。
それであの歌声を聴かせて下さったのは、申し訳なくも
さすが!と言わざるを得ませ んでしたが、
あの妖精の女王のようなえりさんとゴルフという組み合わせが意外すぎました。
実は結構男前な方でいらっしゃいます(笑)。
失礼かしら?ごめんなさい、えりさん!
えりさん、B型です……(ぼそ)それはvol2の打ち上げで10分お話して私は見抜いた!

名古屋会場には、FictionJunction YUUKAとしても活躍して貰っている、
YUUKAちゃんに登場して貰いました。
YUUKA ちゃんがゲストに来てくれる事が決まった時から、
今回は「Madlax」作品のサントラ曲を中心にやろうと心に決めていました。
その為に今回彼女をお呼びしたと言っても過言ではありません。
この作品の音楽(ウタモノBGM)を初めてライブでやる時は、
絶対オリジナルを歌っているYUUKAちゃんに歌って貰いたいと思っておりまして、
その為に今までライブでは封印していたというのもありましたから。
その夢をこの会場で叶える事が出来ました。
ピアノのイントロの後にYUUKAちゃんの声で「Elenore」が会場にすっと
響いた時、ああ、やっ とこの時が来たなあ……と嬉しくなった私です。
今更ここで紹介するまでも無いかもしれませんが、
YUUKAちゃんは FictionJunction YUUKAは勿論、最近はソロでも
素敵な曲を沢山リリースしています。
南里侑香 公式
http://www.jvcmusic.co.jp/nanri-yuuka/
Fiction Junction YUUKA 公式
http://www.jvcmusic.co.jp/fj_yuuka/

そして、千秋楽には、笠原由里さんにご登場頂きました。
お世話になっているメイクさんに「笠原さん、初めてお会いしますけど
どんな方ですか?」と聞かれて、「天使様、という感じの方ですよ!」
と答えた私。
後からメイクさん、「本当に天使様でした!」と。
いつもにこにこして、おちゃめで、一緒にいると幸福を分けて頂けるような
そんな気持ちになるお方です。
そして、時にドラマチックで、時にリリカル に響くあのお声。
普段は天使様な笠原さんが、歌の中では魔女にも女帝にも女神にも自由自在。
えりさんと同じく、さすが舞台の方で、場を支配する存在感も本当に素敵でした。
Salva NosもMaterialiseも圧巻でしたが、
a farewell songで聞かせて下さった慈悲溢れる優しいお声も忘れられません……。
「天上人」なんてご紹介させて頂いちゃいましたが、
あの時メンバーがひれ伏した(笑)のは半ば冗談では無かったと思われる……。

言うまでもなく、様々なオペラやコンサートの舞台等々、そしてMCでもご紹介
した通り、オペラの脚本家としても最近はご活躍です!
こ の夏は籠もりきりで脚本を書かれるとおっしゃっていた笠原さん。
……お互い、頑張りましょう!
笠原さんのサイトはこちらです
http://www.viviam-music.com/

本当に素敵なゲストさん達、
同じ舞台に立たせて頂けて、光栄でした!
素敵な歌い手さん、プレイヤーさん達は
いつも音楽に対してとても真摯で謙虚で、
その音に対する姿勢から、沢山の事を学ばせて頂けるのも嬉しいのであります。
これからもどうぞ宜しくお願い致し ます!

千秋楽打ち上げの色々。

貝田さんも「ゆりこ」笠原さんも「ゆり」さんと、
ゆりゆりコンビですね、という話になり。
ゆりという名前は歌が上手くなるのかもしれない。
子供にはゆりと名付けよう!と一部で勝手に盛り上がる。
将来梶浦ファミリーズの(主に若手の)子供達は「ゆり」だらけになるのかもしれない……。

あれだけ歌った後なのに、「カラオケいこー!からおけいこー!」
と騒いでる某歌姫がいたり。
どんだけ歌うの好きなんだ君は(笑)。
ちなみに大人ズから全却下でした。
梶浦も普段から「カラオケ嫌い、絶対行かない」を公言していますが、
(単に飲み会では喋りたいから←あれだけMCで喋った後なのに以下略)
でも、あのメンバーで行くカラオケはちょっと楽しいかも知れないと思ったのはナイショ。
しかし、若手と 大人ズの選曲の間には、きっと深くて暗い川が存在するであろうとも予想される……。

他にも色々アフォで楽しい話を多々したとは思うのですが
多すぎて思い出せず。

その他ここには書けないような恥ずかしい話も沢山しました。
どのように恥ずかしい話かと申しますと、
要約すれば「音楽っていいね」 というようなお話です。
いい大人達が酒飲んでする「音楽いいね」話は、やっぱり恥ずかしくて文字には起こせないよ(笑)。

そんなこんな。
そんなライブ「外」のご報告でありました。
何か書き忘れた事ないかな……。
そんなライブのご報告もここまででしょうか。
(あ、また写真など入手したらアップしたいとは思っておりますが)

次回ライブはまだ決まっておらず、
暫く、ほんの暫くライブ休みます。「ライブ一回休み」
曲書きます……宣言なんてMCでさせて頂いた時に、
予想外に皆様から拍手など頂いてしまい、
ちょっと皆様は梶浦を甘やかしすぎでは無いかと思うと同時に、
もー何だか色々な 意味で腹も据わりました(笑)。

皆様に
「ライブで聞きたい!」と思っていただけるような曲をきっとお届けしたいと思っております。
そしてまた、あの場所で、
お会いしましょう!

最後にもう一度だけ。これで終わりにするけど。

皆様、本当に、心から。
ありがとうございました!!!(^_^)

| Comments (26) | TrackBack (1)

June 15, 2010

打ち上げた

笠原さんから打ち上げの写真を頂いたので!

(梶浦は当日携帯を忘れた為写真を撮れなかったのでした……)
ブログにアップしてもいいとお許しを頂いていたので、
早速。

笠原さんと2ショットでお写真も撮らせて頂きました♪
Uchiage4_2

打ち上げ、盛り上がりました。
みんな幸せそうな打ち上げでした♪
Uchiage2_2

Uchiage3_2

Uchiage5

二日間分の打ち上げをこの日にしたので、
当然Kalafinaメンバーも参加でしたよ!

テンションの高さをご理解頂けそうな感じの写真であります……。

そんな訳で、携帯忘れの梶浦の為、
カメラをお持ちだったメンバーの皆様、
引き続きお写真募集しております(笑)。

とりいそぎの更新ですが、以上でした〜

| Comments (7) | TrackBack (0)

June 14, 2010

Yuki Kajiura Live vol6 千秋楽

千秋楽終了。
楽しかった。
幸せでした。
もうそれだけしか言葉がありません。

MCでも言ったけど、
皆様がステージを見て下さっているのと同じように
私たちも皆様の素敵な笑顔をずっと見ていました。
JCB、二階席や三階席までよく見えるんですよ。
幸福な笑顔を下さってありがとう。
幸せな笑顔って、何て素敵。
これ以上素敵な物なんて、どこを探しても無いと思う。
もう泣く。

音楽っていいな
音楽好きだな
改めてそう、心から感じる事が出来たツアーでした。
そんな風に、思わせて下さってありがとう。
楽しかったな。
終わっちゃって寂しいな〜〜〜。
もう泣く。(泣いた)

でもまたきっとライブ、やります。
ステージの上の私たちも
そしてご覧頂いている皆様も
音楽で幸福になれる
そんな場所を作れたらどんなに素敵でしょう
大それた願いではありますが
その日を目指して、また暫く、
音作りに頑張りたいと思います。
そんな力を、このツアーで皆様から頂きました。

とりあえずライブ後、打ち上げました。
打ち上げも本当に楽しかった。
手前味噌ですが
本当に素敵な
スタッフ、
フロントバンドメンバーズ、
そして歌姫達。
天上の歌声を響かせて下さった、本日のゲスト笠原さん他
素敵すぎるゲストの皆様。
みんなに私の音楽を奏でて貰えて、光栄で、幸せすぎます。

酔っぱらいすぎるので、本日はここまでで。
でも今日私は世界一の幸せ者だと胸を張って言える。

ただただ
ありがとうございました!

もうだめだ〜と叫んで酔っぱらいは寝ます!
幸せな夢確実の今日。

| Comments (40) | TrackBack (0)

June 13, 2010

Kalafina千秋楽終了、ありがとうございました!

もう昨日の日付になってしまいましたが、
Kalafina Red Moon tour 千秋楽@JCB
無事終了致しました。
ご参加下さった皆様、改めて、本当にありがとうございます。

Kalafinaのライブが始まった当初、
JCBホールでの単独ライブは一つの目標でもありました。
ただ、こんなに早くその日が来るとは、メンバーも私も思ってもおりませんでした。
本日、今回「Kajiura Produce 3rd Anniversary LIVE TOUR」の一環としてのライブ、
という位置づけだった事もあり、梶浦アンコールにしゃしゃり出てまして、
簡単なご挨拶もさせて頂いたのですが、
その時、集まって下さった皆様の、Kalafinaを暖かく見つめて下さるお顔を拝見して
本気で胸が熱くなりました。(今度はワサビのせいではありません)
今までKalafinaを応援して下さった皆様、
心から、
ありがとうございます。

でも、今日のご挨拶でも申し上げたのですが
全てのゴールは辿り着いた途端にゴールでは無くなります。
またその先に、遙かな道が開けているように思える。
それは少し寂しい事なのかもしれませんが、
その数倍も、数百倍も、幸福な事であるように思えます。

Kalafinaの三人と共にやりたいことは、
二枚のアルバム、数回のライブを経ても少しも減った気が致しません。
逆に、三人の「歌」がこの数年、
それぞれの個性の枝をそれぞれ違った方向へめきめきと延ばしてくれた分
増えて来たような気さえしております。

Kalafinaの明日に、皆様が興味を持って耳を傾けて下さるよう、
また次のKalafinaを、その音を、ステージを、作り続けて行きたいと思っております。

そして改めて。
私たちにとって一つのゴールだった場所を、
今日、この夜、幸福なスタートラインに変えて下さった
皆様に心からの感謝を!

ありがとうございました。
そしてこれからのKalafinaを、またお楽しみ頂けますよう!

そんな事を書きつつ、
明日はYuki Kajiura Live vol6 千秋楽!
そんな目出度い夜に我が家には今年初めての蚊が出現!
何という敵……。
今年はまだ蚊を退治する便利グッズ的なものを実購入である故
これは放置できない敵であります。
ちょっと戦って参ります。
無事勝利して目出度く明日を迎える所存に御座いますので、
明日ご参加下さる皆様、
どうぞ宜しくお願い致します!
文字通り、「音」を「楽」しむ夜となります事を!

| Comments (18) | TrackBack (0)

June 07, 2010

名古屋終了!

名古屋公演、終了致しました!
参加してくださった皆様、本当にありがとうございました……。

皆様本当に素敵なお顔で聞いて下さって
いつも梶浦胸が熱くなってしまうのであります。

今回の名古屋公演も、土曜Kalafina、日曜Yuki Kajiura Live
という布陣でお届けした訳ですが、
土曜の夜のプチ飲みでは、梶浦号泣しておりました。

だって、もずく酢に乗っていたワサビの量が半端無かったから!
それを、あまり疑問を持つ事無くそのまんま混ぜて食べちゃったから。
あれは泣く。
きっと誰でも泣く。

名古屋飲みなのになぜか沖縄料理で、
でもとーっても美味しかった訳なのですが、
あのもずく酢+大量のワサビという殆ど罠的な食べ物は、
名古屋のデフォなのか?
沖縄のデフォなのか?
それともあのお店的デフォなのか?
その辺りが知りたい私。

……いえね、そういう話ではありませんで。

いつもライブの度に思います。
幸せそうな、誰かのお顔を見るのって、本当に幸せな事だなって。
それも、私たちの音楽を聴いて、
あんな素敵な笑顔を返して頂けるなんて
人生でこんなに嬉しい事って、そうそうあるものではありません。
沢山の幸せを、本当にどうもありがとうございました。
またぜひ伺います名古屋!

そしてそんなに素敵な夜でしたのに
本日の梶浦は何と申しますか、
浅はかなMCを繰り返し、
「.hackから四曲お届けしました!」といいつつぜんぜん違う曲が混ざっていたり
まあそんなこんなで
「ごめん、今嘘付きました……」
と少なくとも三回は言った気がする……。

お恥ずかしい事であります。本当にすみません……。
もうちょっと注意深く生きるように心がけます……。

そんなこんな
今回のライブも、残すはJCB一カ所。千秋楽であります。

早い……
早すぎる!
今回は五回もあるなあ、などと始める前は思っていたものですが
五回ってやってしまうとこんなにあっという間なのですね……。

どの会場も皆全力投球で臨んで来たつもりではありますが、
千秋楽も全力で行きたいと思っております。

皆様に楽しんで頂けますよう……。
いつもそれだけがライブの望みです。
どうぞよろしくお願い致します!

| Comments (17) | TrackBack (0)

June 04, 2010

追加販売のお知らせです

お陰様で、SOLD OUTとなっておりましたJCB HALLの両公演。
見切れ席・立ち見席の追加販売が決定致しました。
詳細はこちらをご覧下さい。

http://www.spacecraft.co.jp/fjc/jcbtsuika.html

それから……
今回の公演は土曜Kalafina、日曜Yuki Kajiura Live
となっているのですが、
開演時間が違います。
Kalafinaは18時
Yuki Kajiura Liveは17時
となっておりますので、お気を付け下さいね。
開演時間を間違えて……というメールを幾つか頂きましたので……。
ややこしくてごめんなさい。

さて、明日明後日、
名古屋お邪魔します!
いらして下さる皆様、どうぞ宜しくお願い致します!(^_^)

| Comments (5) | TrackBack (0)