« September 2013 | Main | November 2013 »

October 13, 2013

マチアソビ

Machiasobi

マチアソビvol11、「デジタルクリエイターセミナー」参加させて頂きました。
Kalafinaがもう二度お邪魔していた「マチアソビ」
是非一度遊びに伺いたいものだなあとずっと思っていたのですが
なかなかタイミングが合わず……今回やっとです。

ただ、始めにお話を頂いた時は
えっ、でじたるくりえいたーとか!せみなーとか!
なんかそれ私には無理です無理!Σ(゚口゚;.
とかなりびびりが入っておったのでございますが
「とりあえずただ話せばいいから」という事で
今回はアニプレックス高橋祐馬さんがお心くばりたっぷりの司会をして下さり、
またゲストに入って下さったufotable近藤光社長にも随分助けて頂き
終わってみれば私個人としてもとても楽しめた一時間半でございました。

これだけの時間をかけてみっちり「作品の音楽を作る事」的なテーマでお話を
させて頂いたのは考えてみれば初めてでございました。

まあ何と申しますか私
言ってしまえば音楽作ってるだけで
結構幸せになれちゃうというか。
もうやだー眠いーとかギャーギャー喚きながらも
結局ニヤニヤしながら作っていると言うのか。
ココロのストレスも安定も全て音楽から貰っていると言うのか。
周囲からも
「まあ、あいつは音楽作らせておけばとりあえず大丈夫なんじゃないか」
と色々許して貰っている気がします。
でも自分が楽しいばかりでは
やはりお仕事としては
全て本能からの音だけになってしまってもアレですので、
やはり規制をかけたり自分なりのルールを
きっちりとさせておきたいと思う部分もあるわけで
何だかそんなお話をさせて頂いたような気が致します。

「結局はさ、客観性だよね」
音楽作りとかライブとか色々な話を人とする度に
そこに辿り着く事が多いんですけれども。
今日のお話もそんな結論に近かったような。
何かモノヅクリをしようなんて人間はそもそも欲の塊だし
溢れ出てくるものは限りない訳だし
それを良くも悪くも制御するもう一人の自分、
「客観」と呼ばれるものとのお付き合いは
いつもとても大切だという気が致します。

……まあそんな!
ご参加下さった皆様にも、とても暖かく聞いて頂けて
楽しゅうございました。
本当にありがとうございました!
皆様にも少しでもお楽しみ頂けていたら、
と祈るばかりです。

マチアソビ、今夜(12日)も明日も明後日も
楽しそうなイベント目白押しで、
時間さえあれば空の境界全部見ようぜオールナイトとか
参加したかった〜(>_<)。などと後ろ髪を引かれつつ
帰って参りました。
お世話になりました皆様、楽しい一時を本当にありがとうございました!

といいつつ帰宅してすぐtwitterプチイベントをやらせて頂いたり
明日と明後日はまた楽しみな
FJCイベントが待っていたりする訳ですがヾ(〃^∇^)ノ。
またその話はいずれ!

とりいそぎのブログでございますが本日はこれにて!

| Comments (12) | TrackBack (0)

October 01, 2013

アレルヤ

未来は君に優しいだろうか。

そんな言葉で始まる曲であります。
[こちら]の記事でも触れさせて頂いたんですが、
未来福音の映像を、さあ、これからBGMを作るぞ、
モードで初めて通しで見た時に
ラストシーンの後にふっと浮かんで来た言葉でした。
この一行から、導かれるように生まれて来た曲が「アレルヤ」です。

改めまして、明日10/02、Kalafinaのシングル
「アレルヤ/dolce」が発売になります。
「アレルヤ」、この曲は劇場版空の境界「未来福音」EDとして書かせて頂いた曲です。

思えば本当に様々な曲を、BGMも含め「空の境界」では書かせて頂きました。
全7章、終章、そして未来福音、extra chorus、一つの作品の為にこれほど
多くの曲を書いた事は今までありませんでしたし、
おそらくこれからも無いであろうと思います。
ああ、これでもう「空の境界」の音楽を紡ぐのは本当に最後になるのかな……。
そんな風に少し寂しくも感じながら、未来福音のBGMを書かせて頂いておりました。

その、思い入れ深い作品のラストシーンの為に書いた曲が、
「アレルヤ」というある意味祝福の……歌だった事が純粋にただ嬉しいです。

きっとそれは、「未来福音」をご覧になった皆様の
共通の思いに近いのではないかなと思うのです。
この作品の最後が、未来への祝福に満ちていた事が……
どんな明日であれ、明るい未来を願う終わりだった事が、
きっと空の境界ファンの皆様への、
作品からの最高の祝福だったのではないのかな、
そんな事を思いながら。

多分、何も特別な事は無い曲です。
私が普段思っていること、
きっとみんなも同じように思っているんじゃないかな、
でも照れくさくてちょっと口には出さないよね、
そう思うこと。
そんな事を思いっきり素直に綴っただけの歌詞です。
メロディーもアレンジも出てきたまま。何も捻ってません。
でも「未来福音」の最後には、そんな素直さが似合うんじゃないかな、
そう思いました。

作品の登場人物たちの、
そして私たちの、終わりへと続くあまりにも短い道のりに
どうか幸あれと、祈るような気持ちで。

で、cwの「dolce」ですが。
こちらは、同時上映の「extra chorus」のEDに流して頂いている曲ですが。
「dolce」の意味は、おそらく皆様もご存じの通り、
イタリア語で
甘い、甘美な、優しい、的な意味でございます。

これはですね。
あれです。
まあ何と言いますか某シーンで、
「全くもーまじおまえら甘々だな!(´ー`)┌フッ」
と思ったので「dolce」にしました。

……いいのかそんな事で(笑)。
でもそうなのです。
でもきっとね。
みんなこの幸せな甘々を見たかったよね。
私も見たかったです。
なので甘々万歳!ヾ( ̄∇ ̄=ノ もう勝手にしていいのよ!
そんな曲です。
はい。

ただ、少しだけ賛美歌っぽい趣が欲しいなと思ったので、
Kalafinaの歌はほぼずっと三声ハモり、
アカペラでも歌える曲にあえて伴奏を付け加えたような
そんな曲にしてみました。
三人のハーモニーもご堪能頂けましたら幸いです(^_^)。

そんな二曲。
Kalafinaのうたがまた増えました。
嬉しいです。
この新しい二つのうたを、
皆様にも聞いて頂けたら。
そして可愛がって頂けたら。
どうぞ宜しくお願い致します(^_^)。

そして、いつもCDが出るとtwitterで
ゆるゆるなプチイベントなど行ったりするのですが、
今回もちょっとやってみようかなと思っております。
twitter参加されている方限定で申し訳ないのですが、
10/12、詳細は
[http://www.fictionjunction.com/fjcom/fion20131012.html]
をご覧下さい!

| Comments (6) | TrackBack (0)